住宅ローン:ローンの活用

スポンサードリンク



スポンサードリンク

つなぎ融資の対策



期間の長短にかかわらず
お金を借りると利子がつきます。

従って、つなぎ融資にもコストはかかります。
つなぎ融資の金利は日割りでつきますので、
つなぎ融資を借りている期間を短くすることが
費用を圧縮するための対策になります。

割のいいローン返済をするためには、
どのタイミングでどういう借り方がいいかの情報を集めることです。

金融会社によっては、
住宅ローンは組めてもつなぎ融資は組めないところもあります。
できれば、できるだけ早い段階で、
つなぎ融資をしてくれる金融業者などをチェックしておきましょう。

住宅ローンの融資前に支払いをしなければならない時に、
つなぎ融資が登場します。
早めに住宅ローンを申し込んで契約を済ませてしまえば
待ち時間が短くて済みます。


融資のスタート日が決まっているフラット35は
長金利固定型の住宅ローンで、今もっともよく出ているものです。

期日が決まっているので、住宅購入の契約が済んでいても
融資実行日まで期間が空いてしまう場合、
つなぎ融資の出番となるのです。

利息を少しでも少額に抑えるには、
金融機関のつなぎ融資の融資実行日が多いところを選び、
できるだけ待ち時間を短くするという方法もあります。

住宅ローンのスタート日と、物件の引き渡し日を調整できれば
つなぎ融資を利用せずとも支払いが開始できるでしょう。


つなぎ融資のリスクを不動産業者に肩代わりしてもらう
という方法もあります。
契約先の不動産業者次第なので、確認してみましょう。


posted by ロンロン at 17:37 | 住宅ローン

住宅ローンの繰上げ返済について

返済手段の中には、月々の住宅ローンの返済とは別に

ローンを支払うという繰り上げ返済という方法があります。



ローンの残高を一気に減らすことができるので、

繰り上げ返済を有効に活用しましょう。



早めに返済を済ませることで支払う利息を減らし、

返済総額を減額できることが強みです。

返済期間を短縮できること、返済総額を低く抑えることができることが

住宅ローン繰り上げ返済の強みです。



手数料と住宅ローン控除との関係に注意をしながら、

住宅ローンの繰り上げ返済の計画を立てます。

繰上返済によって住宅ローン控除対象額が減った場合には

還付金が少なくなる可能性がありますし、

繰上げ返済の申込み時に手数料がかかります。



住宅ローンは会社間の競争が激化しており、

サービス内容も多様化して色々な商品が出回っています。

繰上げ返済時の手数料についてもよく調べる必要があります。



住宅ローンの繰上げ返済には2つ方法があります。



期間短縮型は月々の返済額はそのままに期間を短縮します。

一方、毎月返済額圧縮型は月々の返済額を増額することで

繰り上げ返済を行います。



毎月返済額圧縮型は期間圧縮型よりもかかる利息が大きいですが、

家計への負担はより少なくて済みます。



期間圧縮型では返済が負担になる場合は、

毎月返済額圧縮型の繰り上げ返済によって

返済プランを立てる方がいいでしょう。



posted by ロンロン at 16:35 | 住宅ローン

住宅ローン借り換えの手続きと諸費用

住宅ローンを借り換えるときは

どのような手順で手続きを行えばよいのでしょうか。



手続きや費用について知っておくために、

インターネットのホームページなどで

住宅ローンの借り換えについて調べて知識を収集することがお勧めです。



金融会社毎にプランが異なり、金利も特徴があります。

期間限定の借り換えキャンペーンなども積極的に調べてみましょう。



めぼしい金融機関が決まったら足を運んで、

一箇所だけでなくいくつかの金融機関に行ってみることが大切です。



諸費用や手続きの話を聞きに行く時に、

あらかじめ源泉徴収票、登記簿謄本、売買契約書、

現在の住宅ローンの償還票を持っていくことで

窓口での話し合いがスムーズになり、借り換えがしやすくなります。



訪問した金融機関の情報を見比べて

自分の状況に合ったところを選びます。



金融機関が決まったら

住宅ローン借り換えの手続きの申し込みをします。



住宅ローンの借り換え審査を受けるには、

必要書類に署名し印鑑を押して金融機関に提出します。

審査が通ったら正式に金銭消費賃貸契約書にサインして

住宅ローン借り換えの手続きと諸費用を支払い、

前の金融機関で抵当権の抹消を行い、

今回利用する金融機関で抵当権を設定します。



借り換えでは新しく住宅ローンを借りることになるので、

始めに借りた時と同様に経費がかかりますので注意しましょう。



諸費用の主なものは印紙税、

保証料、事務手数料、登録免許税、司法書士報酬などです。



手数料に関しては、借り換えキャンペーンなどで期間や条件を限定して

ある程度の優遇をしてくれる金融機関もあります。



posted by ロンロン at 16:32 | 住宅ローン

返済額を減らす住宅ローンの借り換え方法

賢い借り換えによって、

うまく住宅ローンの返済総額を減らしてみましょう。



返済プランを見直すことで、

住宅ローンの返済総額を減らし負担を軽減したいものです。



年収が勤続年数によって増加が見込めたり、

家を建てた後しばらく共働きを続ける予定のある人は、

住宅ローンの支払いも今後の収入を加味して

返済額を減らす計画を立てることができます。



例えばあと数年で教育費の負担がなくなるなど、

将来支出が減る予定の人もいます。

借り換えをうまく利用することによって、

今の返済額を減らせるようにしましょう。



将来に渡って金利が増えても問題なく返済できる人、

例えば財産分与などで高額の収入を得る予定がある人や、

何らかの理由で貯蓄を増やすあてのある人、

年収が高い人などは返済不能になる危険性がきわめて低いといえます。



それらのタイプのなら、

固定金利制で10年程度の低金利なタイプを探して

住宅ローンの借り換えを行いましょう。



貯蓄に余裕のある人ならば、

将来的に金利が上昇することになっても

繰り上げ返済を選ぶなどフレキシブルな対応が可能です。



借り入れ期間が10年程度で固定金利タイプの住宅ローンには、

返済の残り期限が15年以上ある人ならば

借り換えを検討した方がいいでしょう。



返済期間が少なければ

金利上昇によるリスクが低い借り換え方法といえます。



ある程度貯蓄などがあり経済的に余裕のある人が

住宅ローンを借り換えする場合もあるでしょう。

今現在の負担額を減らすことの出来る

金利が比較的低いものを選択すると良いのです。



posted by ロンロン at 16:28 | 住宅ローン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。