日記:ローンの活用

スポンサードリンク



スポンサードリンク

ローン一本化の選び方

キャッシングでお金を借りる場合、

ローンの一本化のためなのか普通の融資なのかに関わりなく、

金融会社による審査を受けなければなりません。



融資時の審査はスコアリングシステムと呼ばれ、

顧客に属性をつけて点数をつけることで

その状況下にある人の平均的な返済能力を把握するものです。



顧客を評価するため参考にされる属性としては、

年齢、家族構成、勤務先とその規模、

勤続年数、持ち家の有無などがあげられます。



この他に、こういった審査で重要視されるのが、

他の金融会社からの借入件数です。


年収や返済総額などに加えて、

他の金融会社からの借入件数もまた

大事なポイントとなることがあります。

このため、借り入れ件数は無視できるものではありません。



ローンの一本化を考える前に、

受けている融資を減らすことで整理するということも必要になってきます。

一つの融資を別の融資からの資金でまとめて返済し、

小さな複数の借り入れを整理する、などの方法があります。



信用が高ければローンの一本化をするにしても選択肢が多くなりますが、

それには借入件数が2件程度である必要があります。

ローンの一本化を考える人が増えてくるのは、

借入の件数が3〜4件ほどの場合です。

貸し手の方もこうしたニーズへの対応には慣れているため、

きつくも緩くもない基準での審査が行われることから、

融資してもらいやすいといえます。



借り入れ件数が5件以上となると

ボーダーラインを超えた所に位置し、

新しく融資を受けることが難しくなります。

posted by ロンロン at 14:34 | 日記

銀行系のおまとめ一本化ローン

ローンの一本化には、

現在のローンより金利の低いところでまとめます。



利息の支払いを減らしたいわけですので、

金利の高いローンでまとめてしまったのでは、

ローンを一本化する意味がなくなってしまいます。





ローンの一本化を効果的に進めるには、

現在の借り入れ状況をきちんと見直し、

把握することが大事になってきます。



現在支払っている金額のほかに、

最終的に支払うことになる額がどれぐらいになるのかも

あわせて見ておく必要があります。



そうして、

今のままで行ったときの返済総額よりも安くできるところを探します。



信頼度が高く、低金利で限度額が高いところといえば

銀行系キャッシングです。



銀行系キャッシングは銀行と消費者金融が提携して

金利が18%の低金利ローンを売り出しています。



おまとめローンともいうローン一本化に対応している銀行系キャッシングも多いので、

まずは問い合わせてみてはどうでしょうか。



銀行系キャッシングは限度額が高く、

金利は普通のローンよりも低めに抑えられていますが、

審査に多少時間がかかります。



ローンの一本化によって、

それまでよりも楽な返済が可能になると言えます。



銀行系キャッシングは

ローンの一本化できる商品を顧客に提供することで

新規顧客の開拓に繋げようとしています。



一本化したローンの返済を終わらせ、

顧客の信用を得たあとに、別の金融商品(年金や住宅ローンなど)を

販売することを視野に入れているのです。



.


posted by ロンロン at 09:29 | 日記

クレジットカードの限度額アップ方法



クレジットカードの利用限度額が高く設定してあれば、
早急の物入りでも多少高額な商品を買いたい時でも対応できますので、
心強いです。

多くのクレジットカード会社は、
利用限度額の引き上げに関して電話での申し込みを
受け付けているようです。

審査を通貨しなければ限度額アップには応じてくれない
クレジットカード会社もあります。

限度額の上昇は、
これまでクレジット会社で借りたお金を普通に返済しているなら、
特に問題はありません。


限度額をアップさせる方法のコツは、
クレジットカード会社からの信頼を得ることです。

返済能力がある顧客はクレジットカード会社から見ても
嬉しい相手ですから、きちんと返済をして、
いい客だとアピールしましょう。


ローンの返済でこれまで問題を起こしたことがある人は、
限度額アップは望めない可能性があります。

ただ、返済能力の高さをアピールする方法があります。

通常の返済だけでなく、
繰り上げ返済をしてローンのお金を手早く返していくのです。

繰上げ返済を実行する方法で
確実に限度額がアップするというわけてはありませんが、
返済の意志があり、返済資金の調達も問題のないという
会社にとって優良な顧客があるとアピールすることができるのです。

資金に余裕がないからこそキャッシングを利用しているのであれば、
繰り上げての返済は困難なこともあります。

限度額を引き上げても問題がないほど返済能力のある優良な顧客だと
クレジット会社から思ってもらうという点が目的です。

posted by ロンロン at 12:02 | 日記

借り入れ限度額の仕組み



キャッシングを利用する時は、
限度額について知っておきましょう。

ショッピングによるローンの利用額と、
小口融資であるキャッシングの限度額が個別にある仕組みです。


利用者がクレジットカードでローンを組む時には、
限度額の枠を守らなければなりません。
たいていの場合、最初の限度額は10万円〜20万円といったところです。

限度額がいくらかなのかは
月々の利用明細書に記載されている仕組みが一般的です。

高い限度額なら多少高額の利用を続けていても安心していられますが、
安心が気のゆるみにつながると、
高額なローンを組んでしまいかねません。

利用状況や返済履歴によって、
クレジットカードの限度額は定期的に見直され、変更されます。
クレジットカードの利用状況に特に問題がなければ、
カードの有効期限が切れて更新される時に
限度額の引き上げがなされています。

限度額の引き上げは、
クレジットカードを定期的に利用しながらも
返済時にトラブルがない客に対して行われます。

カードの更新を待たずとも、
申し込みによって限度額を見直し、
引き上げてもらえるところもあります。

限度額が上がると
同じクレジットカード内での自由な商品の購入が可能ですし、
限度額を意識して買い物をしなくても
快適なショッピングが楽しめます。

クレジットカード一枚で
ローンのやりくりができるなら、
複数の消費者金融を利用せずに済みます。

posted by ロンロン at 19:58 | 日記

ローンの一本化とは



いくつもの貸し手からローンを重ねた状態となったとしても、
それをまとめる方法があります。

現在借りている借金を、
より金利の安い一本のローンにまとめるのです。

借りたローンを効率の良い形で返済するには、
このような方法を使うのです。


消費者金融会社が身近な存在になってきた昨今では、
あたかも自己資金を引き出すような感覚で
キャッシングを使えるようになりました。

手軽にローンを組むことができるようになったため、
エステや高額商品なども購入しやすくなりました。

借り入れ金額の一つ一つは少額だったとしても、
ローン件数を増やしていくうちに月々の返済額が膨らみ
とても返せないような額になることがあります。

その他にも、
ある借金を返すために別な会社から借金をしていった結果、
返済ができなくなったという人もいます。

ローンを複数件組んでいたり、
いくつか消費者金融会社から借り入れをしていたりすると、
月々の返済額や手数料を把握するだけで結構な手間となります。

特に50万円以下の小口融資が複数あると、
利率が無闇に高くなって利息分ばかりを返済していることもあります。


ローンの一本化というのは、返済計画を練り直すことです。
借り入れ金の減額措置のようなものとは、根本的に違います。

しかし、ローンの一本化によって、
複数の借り入れを低金利のローンにまとめて利息の払いを減らし
返済総額を少なくすることが期待できます。


posted by ロンロン at 20:02 | 日記

住宅ローンのつなぎ融資の費用



銀行などから住宅ローンとして借り入れをするまでの期間
つなぎ融資を利用すると、借り入れた日数の分金利がかかってきます。

ある程度まとまった金額をすぐに必要とする人が借りる事になるため、
つなぎ融資の金利は借入の期間が短いにもかかわらず
高くなっています。

融資を受けるには、
印紙代、振り込み手数料、印鑑証明や住民票の発行手数料など、
その他にもさまざまな経費がかかります。
これら融資申請のため諸費用が、つなぎ融資を利用するためだけの
経費として必要です。

色々考え合わせると総額は増えていく一方なので、
家を買うためにかかる資金は多めに見積もっておくべきでしょう。

つなぎ融資を受けるには、
数万円程度の印紙代や手数料を見込んでおく必要があるでしょう。

融資金5,000万円のつなぎ金利を年率2.4%で利用する場合、
たった1日で約3,300円ずつの利子が毎日つくことになります。

15日間かりたとすると、
金利として支払う額は4万円弱になってしまうのです。
もちろん印紙代などはこれらとは別に計上されますから、
最終的にかかる費用は6万円ほどになってしまいます。

一度のつなぎ融資に12〜15万円くらいの出費は、
どうしても覚悟しなければなりません。

今ではフラット35という住宅ローンを
利用することが多くなってきていますが、
フラット35は融資の開始日が月によって何日と定められています。

このため、
タイミングが悪ければつなぎ融資がどうしても必要になりますので、
借り入れ金額だけでなく期日も含めた資金計画を
シュミレーションしてみましょう。

posted by ロンロン at 13:45 | 日記

住宅ローンのつなぎ融資とは.



住宅ローンを組む上で
大事になってくるのがつなぎ融資です。

住宅ローンを申し込んだとしても、
申し込みから融資の実行までに時間的なギャップがあります。
今すぐに住宅購入のためにお金が必要なのに、
融資の実行までに数日から数十日を要することがあります。

そうした、融資が行われるまでの何日間の間に、
一時的に借り入れを行うことをつなぎ融資と言います。

つなぎ融資で借りてきた資金は
住宅のための手付け金や建築着手金の支払いにあて、
つなぎ融資で借りた資金は、
後に借りてきた住宅ローンで返すという形になります。

つなぎ融資で手付金を支払ってから土地の登記を済ませます。
土地の登記が完了してから、その土地を担保にすることで
金融機関から住宅ローンを借りることができます。
それから、つなぎ融資で借りた資金を
住宅ローンからの資金で返済します。


つなぎ融資を受けるためには、
本体の住宅ローンの手続きとは別個に契約を取り交わしたり、
手続きを行ったり、金利を支払う必要があります。

新築物件を購入する場合には、
買い手の代わりに不動産会社が直接
金融機関からの融資資金を受け取ることと引き替えに、
代金支払い前の登記を認めるという方法を取ってくれます。

代理受領をやってくれるかどうかについては、
不動産会社ごとに事情が異なります。

土地の購入と家の建築を行う場合は、
最初に支払わなければならない分については、
自己資金を利用するのかつなぎ融資に頼るのか、
よく考えて住宅ローンを検討する必要があります。

posted by ロンロン at 20:18 | 日記

ローン一本化の選び方

キャッシングでお金を借りる場合、
ローンの一本化のためなのか普通の融資なのかに関わりなく、
金融会社による審査を受けなければなりません。

融資時の審査はスコアリングシステムと呼ばれ、
顧客に属性をつけて点数をつけることでその状況下にある人の
平均的な返済能力を把握するものです。

顧客を評価するため参考にされる属性としては、
年齢、家族構成、勤務先とその規模、勤続年数、
持ち家の有無などがあげられます。

この他に、こういった審査で重要視されるのが、
他の金融会社からの借入件数です。

年収や返済総額などに加えて、
他の金融会社からの借入件数もまた大事なポイントとなることがあります。
このため、借り入れ件数は無視できるものではありません。

ローンの一本化を考える前に、
受けている融資を減らすことで整理するということも必要になってきます。
一つの融資を別の融資からの資金でまとめて返済し、
小さな複数の借り入れを整理する、などの方法があります。

信用が高ければローンの一本化をするにしても選択肢が多くなりますが、
それには借入件数が2件程度である必要があります。

ローンの一本化を考える人が増えてくるのは、
借入の件数が3〜4件ほどの場合です。
貸し手の方もこうしたニーズへの対応には慣れているため、
きつくも緩くもない基準での審査が行われることから、
融資してもらいやすいといえます。

借り入れ件数が5件以上となるとボーダーラインを超えた所に位置し、
新しく融資を受けることが難しくなります。


posted by ロンロン at 19:35 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。